OBD2(オンボードダイアグノシス)とは

OBD2とは

昨今はよくカー用品店などにOBD2に接続する機器(ドライブレコーダー、メーター、速度取締探知機など)が売られていますが、実際OBD2って何の事だか分からない人がほとんどでは無いでしょうか?

ここでは簡単にOBD2について解説します。

そもそもOBDとはオンボードダイアグノシスの略語になります。
さかのぼること1960年初頭、爆発的な自動車の普及によりアメリカは光化学スモッグなどの深刻な大気汚染に犯されていました。 規制も無く悪化し続ける大気汚染に歯止めをかける為この大気汚染を深刻に受け止めたカルフォルニア州のマスキー上院議員の提案により1963年にマスキー法(大気浄化法)が制定されました。

このマスキー法が基準となり、その後大気浄化法は幾度となく改正していき現在のOBD2規制に繋がっています。

☑1988年に最初のOBD規制が制定(カリフォルニア州規制)

規制内容

1⃣排気ガス規制強化
2⃣排気ガス対策システムが故障するとMIL(エンジンチェック)ランプ点灯
3⃣故障箇所を記憶

☑1994年にOBD2規制(米国で)始まります。

規制内容

1⃣故障診断機(スキャンツール)を接続する車両側コネクターが規格化されました。
(台形で16PINのコネクターです。)
※OBD2規格以前の車両でも16PIN台形のコネクターが付いている車両もあります。
2⃣コネクターの設置場所も決まっています。
(ハンドルから3フィート(約90CM)以内に設置)
3⃣故障診断機(スキャンツール)を使用して故障コード(DTC)の読み出し、消去が可能
4⃣故障コード(DTC)の規格統一化
5⃣実測値(ライブデータ)の表示※②
6⃣フリーズフレーム(故障コードが検出された際の実測値を記憶しておく)

OBD2の規格はアメリカで1994年、欧州で2001年、日本では2008年以降で製造販売された車両に適用されます。
(車種、メーカー、製造国、輸出先で上記とは限りません)

※② OBD2からはクルマの実測値(ライブデータ)が出力されていますので市販のOBD2の機器はOBD2のコネクターから水温や速度、回転数などを読み取って機器に使用しています。

b3kaj

OBD2のコネクターからはCAN通信を使用し、共通のプロトコル(通信)や各メーカーのプロトコルを使用してクルマの様々はデートを出力しており、その通信をOBD2カプラに接続した故障診断でよみとり様々な設定が行えます。

DTCトラブルコード検索

DTCとは

シェアする

フォローする